竹葉と酔楽人

おすすめのお酒『竹葉しぼりたて生原酒』が入荷しました!

今回のおすすめのお酒は『竹葉しぼりたて生原酒』です。前回の竹葉ひやおろしはあっという間に売り切れたので今回はちょっと多めにご用意しました!

製造元の数馬酒造は、能登の米・能登の水・能登の杜氏が能登流の技で醸す、風土を感じる酒造りにこだわっている蔵元です。この『竹葉しぼりたて生原酒』は冬の寒さが深まる頃に、酒造りのはじまりを告げる冬季限定酒です。農薬・化学肥料不使用の能登の契約栽培米を使用していて、お米の甘い上品な香り、きれいな水を感じる透明感、芳醇でキレのある酒質に、新酒ならではのフレッシュさが加わっています。キンキンに冷やして温かい料理と一緒にくいっと呑みたい感じです!

それと常時メニューの芋焼酎の銘柄を変えました。鹿児島弁で酔っぱらいという意味の『酔楽人(よくろんぼ)』です。
鹿児島県の小正醸造が専門業者向けに作っている芋焼酎なので、一般の酒屋では売っていません。黄麹で作られていて江戸時代の味を再現した趣のある焼酎です。芋の風味が強くて、ロックよりもお湯割りやそば湯割りの方が風味が増すような気がします。(僕の主観ですので、お好みの呑み方でどうぞ♪)

これらの酒とおいしい料理で、よい酔楽人になりませんか。(*^^*)